English

2018年




トップページへ 陶芸工房「間」へ ギャラリー「間」」・成田へ 主催者のページへ


2018年


ギャラリー「間」・栗源

祝いの器・冬の華 展

12月1日(土)〜12月16日(日)
 展


ギャラリー「間」・成田 (企画展)

仲田 守 作品展

11月10日(土)〜11月21日(水)

祝いの器・冬の華 展

11月23日(金)〜11月28日(水)

山崎万亀子 作品展

12月1日(土)〜12月9日(日)


ギャラリー「間」・成田 (常設展)

入場料無料 


オンラインギャラリー


ギャラリー「間」・栗源 ギャラリー「間」・成田
企画展 常設展 企画展
閉館中 閉館中 開館中
リアルタイムでの情報はこちらから。
「間」のツイッター。


(登録しなくてもご覧になれます。)

(会期中、展覧会の様子を画像で表示します。タイトルをクリックして下さい。)
これまでの展覧会をご覧になりたい方は、「展覧会の記録」からどうぞ。



「間」制作のYou Tube動画が開きます。

「間」のパンフレットができました。

こちらをクリック。



2018年

(リンクのあるタイトルをクリックすると詳細が見られます。)


ギャラリー「間」・栗源
6月30日〜7月8日 七夕まつり 平山敬子 夏の花あそび・お茶あそび
7月12日〜7月18日 大賞展
10月1日〜10月7日 第23期 上級者展 (陶芸)
10月13日〜10月24日 石川和彦・小野満全登 陶芸作品二人展


ギャラリー「間」・成田
1月20日〜1月31日 マルチェッロ・プッチ 陶芸作品展
2月3日〜2月14日 おひなさま (藤田隆康・木村育代) 展 (木彫)
2月17日〜2月28日 旅の記憶絵 展
3月3日〜3月14日 花の器 1
3月17日〜3月28日 桜の絵 展
3月31日〜4月11日 村中保彦 金工作品展
4月14日〜4月25日 古賀有子 寄せ植え作品展
4月28日〜5月9日 休み
5月12日〜5月23日 小野満俊彦 インスタレーション展 アナムネシス-魂の存在-
5月26日〜6月6日 廣瀬義之 陶芸作品展
6月9日〜6月20日 多古光湿原の草花によせて
6月23日〜7月4日 とんぼ玉 三人展
7月6日〜7月11日 大賞展
7月12日〜9月17日 夏休み
9月18日〜9月26日 キム・セワン 陶芸作品展
9月29日〜10月10日 多肉植物で遊ぶ器たち 展
10月13日〜10月24日 第23期 上級者展 (陶芸)
10月27日〜11月7日 高嶺に咲く花の絵 展
11月10日〜11月21日 仲田 守 金工作品展
11月24日〜11月28日 冬の華・祝いの器 展
12月1日〜12月9日 山崎万亀子 油彩作品展


ギャラリー「間」・成田   (常設コーナー)
2月17日〜3月16日 小野満全登 作品展
4月14日〜4月28日 植木鉢展
5月12日〜5月23日 山野草の植栽鉢
6月23日〜7月4日 多古光湿原保全会へのチャリティー
7月6日〜7月11日 多古光湿原保全会へのチャリティー 2回目



1996年〜1999年
(タイトルをクリックすると画像が見られます。)

2000年〜2009年
(タイトルをクリックすると詳細が見られます。)

2010年
(タイトルをクリックすると詳細が見られます。)

2011年
(タイトルをクリックすると詳細が見られます。)

2012年
(タイトルをクリックすると詳細が見られます。)

2013年
(タイトルをクリックすると詳細が見られます。)


2014年
(タイトルをクリックすると詳細が見られます。)


2015年
(タイトルをクリックすると詳細が見られます。)



2016年

(タイトルをクリックすると詳細が見られます。)



2017

(タイトルをクリックすると詳細が見られます。)


ギャラリー「間」・栗源 ギャラリー「間」・成田
千葉県香取市沢1055−1 千葉県成田市囲護台1150−24


お問い合わせ


お知らせブログ

陶芸工房「間」やギャラリー「間」などのページの更新や
その他、いろいろな情報をお知らせいたします。

つぶやき・・・

陶芸工房「間」やギャラリー「間」からの情報がつぶやかれています。


2011年3月11日に発生した東日本大震災被災地へ向けての支援活動


宮城県東松島市矢本にあった、大きな仮設住宅。縁あってボランティアで陶芸教室を
月に一回のペースで続けました。支援というよりも、新しい仲間ができたという感じです。
焼き物作りを通して楽しい時間を共有しました。



多古光湿原保全会に向けての支援活動


千葉県香取郡多古町から横芝光町にかけて広がる湿原。
世界でも珍しい環境の中で絶滅が危惧されている動植物が存在してます。
「間」ではできることの中で支援を続けていきたいと思っています。